So-net無料ブログ作成
ナルト ネタバレ ブログトップ

ナルト ネタバレ 606 確定 画像 [ナルト ネタバレ]

ナルト ネタバレ 606 確定 画像

ナルト ネタバレ 606 確定について

ナルト605では、オビトが何故今のように変貌してしまったのか…

その真相が分かってきましたよね。

少年誌ですがかなり切ない話ですよね。

今後の展開が気になるところです!!

気になる606話に行く前に前回の流れから振り返ります!



以下605話本バレ

ちを吐くリンの胸からカカシは腕を引き抜いた後

声もなく倒れこんでしまうリン。

それを見て呆然としてたちつくすオビト。

カカシは倒れたリンの前で膝をついて顔を伏せてしまう

オビトは目の前で起きた光景におもわず俯いてしまう


リンの死によってありえない戦闘モード
なんとカカシとオビトがそれぞれ万華鏡写輪眼を開眼する。

しかしカカシは気絶して、オビトがついに暴走を始めてしまいます!

ナルト ネタバレ 606 確定 画像よか迫力でしょ

立ちはだかる忍びに対して

体から木の根 を生やして攻撃!

神威のすり抜けも駆使し、

木遁の術で霧の忍びは一気にちまつりにしてしまいます。






暴走したオビトは捕えた忍に延々と攻撃 続ける。

その姿に震え上がる霧の忍びたち。

オビトの瞳力により景色には
月が浮かぶ夜空に変わってしまう。

そしてオビトはリンの遺体を前にいき

自分は地獄にいるんだと確信するわけです


とここまでが605話のかいつまんだ内容です。


リンの死ぬより、とうとうオビトが豹変してしまいました。

オビトのリンへの想いの深さが伝わってきます。

でもまずはカカシとしっかりと話をしてほしかった

606話ではなぜカカシがリンを殺さなければならなかったのか

というよりもどうしてもリンを殺さねばならなかった理由はあったのだろうか

このあたりのストーリーが明らかになってくるはず。


ナルト ネタバレ 606 画像はとことんイキマスね



でもどんな理由があったにせよ、

オビトはもう元通りには戻れないですよね。

リンがいない事実はもうかわりようがないのです
せつない話になってきました



うるうる



ナルト ネタバレ 606 確定 画像では

現代に場面がいったんもどる
ついにカカシがオビトにあの時の真相を語る場面がありそうですね。

しかし、もうオビトの凍りきった心は変わらなさそうだから
その辺はとくに悲しく辛いことでしょう

またこうなるように
なんとマダラがすべて仕組んでいたのだったとしたら!?

ナルト ネタバレ 604 確定 [ナルト ネタバレ]

ナルト ネタバレ 604 確定

ナルト ネタバレ 604 ネタバレ


の前に最新603話のネタバレ確定情報。
リハビリを続けるオビトの元へカカシとリンが
2人だけで霧隠れの忍達に囲まれピンチになっているとゼツが伝える。


治っていない体のまま、ゼツの協力でオビトは2人を救いに向かう。

マダラに救われて大分たつオビト、いまだに体が治らない。
眠り続けるマダラの代わりにゼツに見張られるオビト。

ゼツはマダラからオビトを回復させ使えるようにしろと命令されたそうだ。

そのことを聞いてもオビトはリンとカカシの元へ戻り2人に会うんだと言う。

それに対してゼツは出口は無い、

マダラの命令でオビトを運んだあとにマダラが大きな岩でフタをしたと。

オビトが寝言でリン、バカカシと何度も言っていると。

色んな興味があるゼツは外に出て調べると言う。

オビト「お前外に出れるのかよ」

ゼツ「ぼくら地面の中を移動できるからね」

オビトは外に出るためにリハビリのように歩くことからはじめる。

リン、カカシと過ごしたことを思いながら歩き、動き、人造体が自身の体になじんだ頃、髪も伸び、月日が経っていた。

そんな頃に外から戻ったゼツがオビトに伝える。「リンとカカシが霧隠れの忍達に囲まれてヤバイ」

体は動かせるようになったが、いまだ洞窟の出口の大岩を壊すほどの力がないオビトにゼツが協力を申し出る。

ゼツは顔と体にまといリンとカカシを助けに向かうオビト。

その顔はトビとしての仮面と同じだった。



ナルト ネタバレ 604 確定

ナルト ネタバレ 604 確定について


ナルト ネタバレ 604 確定の詳細はこちらをご覧ください!


ナルト604話のネタバレ情報の前に603話のおさらいから行きましょう!


603話ではオビトに移植された柱間の人工体が

馴染んで動けるようになるまでの話でしたね!

オビトはリンとカカシの元へ早く戻るために

必死にリハビリに励みます。


それをマダラから面倒を見るように命令された

白ゼツとぐるぐるというこれまた人造体が励ましたりしながら見守ります。


オビトはリハビリ中もカカシとリンとの思い出を思い出しながら

猛烈なやる気でリハビリに励みます!


リハビリ内容はまず歩くところから始まって、

次第に腕立て伏せやジャンプができるまでに回復してきましたよね。


その頃には、マダラは体も大きくなり髪も伸びてきていたので

かなり時間がたったことが判ります。


そんなある日オビトがベッドで寝ていたとき、

白ゼツが慌てて魔像から出てきてオビトに

「お前が話してた、あのリンとバカカカシが危険に晒されてる」

と告げます!


それを聞いたオビトは白ゼツに何があったかを聞く!

詳細を聞いたオビトはベッドから飛び出し2人を助けに行こうと

拳で岩を破壊しようとするが、左腕の柱間の人工体が取れてしまう。


それを見ていた「ぐるぐる」はオビトの体に巻き付いて

2人の救出を助ける手伝いをしようとする。


なぜこんな事をするのかとオビトに問われ

「こいつは良いヤツだ」と白ゼツが答える。

そしてオビトはリンとカカシの救出へ向かう。









ナルト ネタバレ 604話 確定情報です。

第604話 再会、そして

【進む先は・・・!?】
 ゼツまとって オビト壁をパンチで破壊

白ゼツ:「根を繋げたまま魔象の力を借りたのね・・・
    やるじゃん・・・」

ぐるぐる:「・・・ ボクってやるもんでしょ?」

オビト:「よし…!!」

マダラ:「・・・行くか・・・・」

【オビト自分に繋がってる根を取る】

オビト:「助けてくれたことは感謝する ・・・けどオレは行く!
    行かなきゃならねーから!」

マダラ:「お前は焦りすぎてる・・・ 感謝はまだ早いかもしれんぞ・・・」

オビト:「・・・たぶんここへは二度と来ねエ・・・
    一応礼は言った …もう行く!」

マダラ:「お前は・・・ ここへ帰ってくる。
    その時こそ本当礼をもらおう」

オビト:「白いの!リンとカカシの場所はどこだ!?
    すぐ案内してくれ!!」

白ゼツ:「君の体についたのは言わばボクの分身。
    ボクらはある程度の距離ならテレパシーで会話できるし
    他の分身体もあちこちの地下に・・・あって
    情報をやりとりしてる」

ぐるぐる:「それを使って君を誘導するよ」

オビト:「その声は・・・グルグル! 頼む」

【岩を飛ぶオビト 服を掴む】


オビト:「今のリンとカカシの状況は!?」

ぐるぐる:「・・・ 仲間からの情報だとかなりヤバイみたいだよ!
     霧隠れの実験体がどうとかこうとか…ボクはよくわかんない」

オビト:「?」

ぐるぐる:「とにかくリンもカカシも数十人に囲まれてるみたい!
     ・・・それも皆凄腕の上忍や暗部みたいのばっかだって・・・」

オビト:「ミナト先生は何してる!?」

ぐるぐる: 誰?

オビト:「黄色い閃光は何してるって聞いてんだ!」

ぐるぐる:「ん~~~ 何か他の任務中みたいだね」

オビト:「・・・こんな時に・・・!」


【回想】
オビト:「・・・リンを頼むぜ・・・」

カカシ:「ああ・・・」

【回想終わり】


オビト:「・・・(カカシ・・・! お前は約束してくれた!
    リンを・・・ リンをなんとか守ってくれ!!
    オレももうすぐ駆け付ける!!)」

ぐるぐる:「オビト・・・たぶんこれから戦闘になる・・・
     その前に少し言っときたいんだけど」

オビト:「何だ!?」

ぐるぐる:「君の戦闘力はボクより低い
     さらに今は君の傷付いた小さな体に大きなボクのからだが
     覆って保護してる感じだから」

オビト:「だからなんだよ!?」

ぐるぐる:「戦闘はボクが動いた方がいいと思うけど・・・」

オビト:「マダラも言ってただろ
    写輪眼は左右揃って本来の力を発揮するって!
    戦場にはオレと対になる写輪眼のカカシがいる!
    奴とのコンビネーションはオレのが上だ!
    オレとカカシでリンを守る!」

ぐるぐる:「確かに君には柱間の人造体がくっついてる・・・」
     千手とうちは両方合わされば・・・
     今までとは違う強さが表れるかもしれないけど」

【どこからか声。顔に水滴】

オビト:「!」

【目の前に水柱】

オビト:「雨だと思ったらアレか・・・」

ぐるぐる:「仲間から連絡有り・・・ どうやら・・・
     あそこみたいね」

【水柱があちこちで上がる】

オビト:「・・・行くぞ!!」

【木を飛び飛び】

オビト:「!!」

【左眼に異変。 カカシの見てるものがオビトに見えてる模様
 見えてるものはリンの顔 リンの心臓を貫く右手】

オビト:「くっ!
    (何だコレ!!? 変なイメージしてんじゃねエ!!
    ・・・も少し・・・もう少しだ!!)

【道が開ける】

オビト:「!!」

【目の前には雷切りで リンの心臓を貫くカカシの姿】

リン:「・・・カカシ・・・」

【カカシの左眼から涙。。。】

【交差する運命(ひとみ)・・・!!】

で、604話のネタバレは終了、次週へ続く!



気になる604話ですが…

ここまで仲間想いだったオビトが変わってしまった原因について明らかになると予想されます。

その原因は救出先でカカシがリンを見捨たことにより、

リンが死んでしまったことを知るというものではないかなと思われます。

ナルト ネタバレ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。